仮想難関大

仮想難関大(オリジナル予想問題)【複素数における漸化式と極限】

問題はこちら(画像をクリックするとPDFファイルで開きます。)

 

仮想難関大シリーズということで、東大、京大をはじめとする旧帝大、東工大、国公立大学医学部医学科などの難関国公立大を想定したオリジナルの自作問題です。

「手垢の付いていない問題で最後の力試しがしたい」

という方はぜひご活用ください。

(以下ネタバレ注意)

 

+ クリック(タップ)して続きを読む

「漸化式を視覚化して考える問題を作ろう」

というすごくざっくりしたところからスタートし、割とラフに作った問題です。

とは言え、いざ考えてみると

「どこまで直感的に認めてよいのか」

という点で少し書きづらさを感じると思います。

認めてよい範囲を緩く考えれば、様々な方針が考えられると思います。

解答は「流石にこれは使っていい(認めていい)だろう」と思われるものを厳し目に設定して用意しました。

「当たり前だろ」と思った時ほど、

「当たり前のことを証明させるのが、本問の趣旨では?」

と考えて、丁寧に論証していきたいですね。

解答はコチラ

-仮想難関大
-, ,

© 2022 MathClinic