解答速報

2022年度 東京大学理系第1問【微分法による最小値の導出】

問題はこちら(画像をクリックするとPDFファイルで開きます。)

微分法により、関数の最小値を導出するという基本問題です。

インテグラルを含んだままの関数ですから、最後の最小値の導出にあたっては積分計算についても問われることになります。

やることが明確であるため、方針面で迷うことはないでしょうし、計算の内容や計算量についても標準レベルと言ってよい穏やかなレベルです。

それだけに試験場では確保したい問題と言えましょう。

解答はコチラ

-解答速報
-,

© 2022 MathClinic