解答速報

2021年度 名古屋大学理系第3問【スタンプの残る確率】

問題はこちら(画像をクリックするとPDFファイルで開きます。)

 

「読んでルールや設定を理解するのにエネルギーを要する問題」です。

ここ数年の名古屋大学の特徴だと言えると思います。

この問題を見たことある人は多分いないでしょう。

完全に「その場力」が必要です。

本問は手を動かしながら「ハイハイ、そういうことね」と色々要領が分かってきます。

「丸をつけて石を置く」というのは言ってみれば「記録を取りながら動く」わけですからイメージとしては

「スタンプを押していく」

といった感じでしょうか。

前半2題が軽かった分、後半2題に時間をかけることも十分可能だったと思います。

個人的には標準だと思いましたが、試験場補正でやや難でしょうか。

解答はコチラ

-解答速報
-

© 2022 MathClinic