解答速報

2022年度 京都大学 理系第1問【対数の数値評価】

問題はこちら(画像をクリックするとPDFファイルで開きます。)

年度問題として、見た目のインパクトが大きい問題です。

対数は道具として使うことが多く、

この対数がどれぐらいの大きさなんだろう

という対数そのものに対する興味がないと、問題意識がもてないかもしれません。

そういった意味で京大はこういうボディーブローのように受験生が「ウッ」となるところをつついてくるのがうまいですね。

例えば

\(\sqrt{2022}\) がどれぐらいの大きさか

と言われたときに何をすればよいのかで迷う人はいないでしょう。

それは \(\sqrt{ \  \ }\) という記号については中学生のころから慣れ親しんでおり、言わば「お友達」だからでしょう。

それが \(\mathrm{log}\) になると見失うということになると、根本的に \(\mathrm{log}\) とお友達になりきれていないことになります。

逆に \(\mathrm{log}\) とお友達であれば、本問で何をすればよいのかを見失うことはありません。

示すべきことをどんどん整理していけば、目標が見えてきます。

解答記述では、それを逆算的にまとめていけばよいでしょう。

解答はコチラ

-解答速報
-,

© 2022 MathClinic